キャピキシルシャンプーってなに?

キャピキシルシャンプーってなに?

注目の育毛成分のキャピキシル。
アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3の主成分で
構成されたのがキャピキシルです。

キャピキシルには毛包を活性化させるとともにDHTの発生も抑制することから
抜け毛を防いで発毛を促すという育毛効果が得られるといわれています。

そういった成分は他にもいくつかありますが、注目すべきが天然由来である点です。

育毛成分として比較されるものにミノキシジルがあります。
こちらは血行を促進して発毛を促すわけですが、
血圧を下げる薬として使用されてきた過去があるので副作用が心配です。

それに対してキャピキシルは天然由来の成分なので、
副作用の心配はほとんどなく育毛効果が期待できるわけです。

そんなキャピキシルは育毛剤に使われるのが有名ですが、
実はキャピキシル配合のシャンプーというのも効果が育毛効果があるとして、
だんだんとメジャーな存在になりつつあるんです。

 

 

育毛シャンプーを上手に選ぶコツ

育毛シャンプーでオススメなのは、アミノ酸系のタイプです。
アミノ酸系が良い理由は、肌に近い成分で、頭皮に負担をかけないからです。

洗浄力がそれほど強くありませんので泡立ちに物足りなさを感じる人もいるかも知れませんが、
頭皮にはバリア機能の役割を果たす少量の皮脂が必要ですので、
その皮脂を残して洗うにはアミノ酸系のような頭皮に優しいタイプが最適なのです。

毎日洗っても刺激を与えることがありませんので、
頭皮は少しずつ本来持っている力を取り戻すことができます。

本来持っている力が蘇れば、髪の毛を生成したり育てたりする働きも強化されます。

また、香料や界面活性剤などの刺激物が含まれていないことも重要です。

香りを重視してシャンプー選びをする人は多いのですが、
香料は皮膚に大きな負担をかけるものです。

界面活性剤は泡立ちを良くする成分であり、多くの商品に含まれています。
しかし、洗浄力が強すぎて皮膚を守るために必要な皮脂まで奪ってしまいますので、
洗った後はとても無防備な状態になります。

ですから、外的刺激に過敏に反応するにようになって、
頭皮トラブルが引き起こされやすくなります。

アミノ酸系以外では、自然由来の成分でできているシャンプーもオススメです。

自然由来の成分も基本的には肌に優しいので、
頭皮をいたわりながら洗うことができます。

ただし、人によってはアレルギーがありますので、
自然由来の成分であっても気が抜けないことがあります。

アレルギーのある人は
反応する成分が含まれないことを確かめてから購入することが大切です。

キャピキシル配合のシャンプーはここまで違う!?

キャピキシル配合のシャンプーはここまで違う!?

キャピキシルシャンプーのキャピキシルとは、
カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が開発した育毛成分で、

植物エキス【アカツメクサ花エキス)ビオカニンA
成長因子【アセチルテトラペプチド-3】
という育毛効果の高い成分が入っています。

キャピキシルはミノキシジルの3倍もの育毛効果があると言われていて、
臨床でも明確な育毛効果があると判断されています。

また、キャピキシルはミノキシジルのような副作用もほとんどなく、
男性でも女性でも使える育毛成分としても現在主流になりつつある育毛成分なんです。

そんな強力な育毛成分が入っているのがキャピキシルシャンプーで

ただ、シャンプーなので育毛剤のように毛根に直接働きかける作用は少なく、
いきなり凄い効果は期待できませんが、
続けることで確実に変わってくることは確かです。

キャピキシル配合のシャンプーはまだまだ少ないんですが、
口コミで話題だったり、わたしが使って良かったキャピキシルシャンプーを紹介します。

 

キャピキシル配合のシャンプーを使うと薄毛が改善する

キャピキシル配合のシャンプーを使うと薄毛が改善する

育毛シャンプーを使って毎日洗うようにすれば、
頭皮は健やかな環境を作ることができます。

健康な髪の毛を作り出して育てるには
やはり健康な土台となる頭皮の環境を整えなければなりませんので、
育毛シャンプーのように肌に優しいものを取り入れるべきです。
長く使えば使うほど効果の出るものですので、
じっくりと変化を観察することが大切です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ