僕がこれまでに経験した育毛シャンプーについての感想を書いてみます。

具体的な育毛シャンプーの製品名ではなくて、もっと全般的な育毛についてのことです。

 

遺伝からきている薄毛とどう向き合うか

永遠の問題である「親が薄毛であると子もそうなる」という可能性が高いと考えます。
実際、三十歳過ぎたころから気になりだして、頭のてっぺんから薄くなってきました。

遺伝とあきらめてしまったら、そこでおしまいですが、少しは努力しようと、まず育毛シャンプーで試してみました。
行きつけの理容師さんから、業務用で試験的に開発されていた育毛シャンプーをすすめられました。

天然素材だから、体にいいし油分をとってくれるということで始めました。
確かに脂っぽくなってくると同時に髪が抜けてきたので、これはいいと感じました。

しかし、育毛シャンプーの成分の一部が強力だったので、薬剤が頭皮に残ってかえって不清潔になりました。

次に試したのは、頭皮にびりびりとした刺激がある育毛シャンプーでした。

洗っている最中から、刺激があって気持ちいいです。
しかし、それがあだとなって抜け毛が収まりませんでした。

やはり頭皮に優しいほうが良くて、刺激の強いのは抜け毛の原因になるものなんですね。

 

育毛シャンプーは日々進歩しているので、使うべき!

最近の育毛シャンプーは配合成分にも育毛効果の高い成分が入っているので、
ちゃんと使えば育毛シャンプーでも十分に効果があるように感じます。

ただ、育毛シャンプーを使ってすぐに毛が生えるととか発毛するなんてことはないです。

これにも色々と種類があって、試してみましたが、
少しずつ毛が太く長くなってきたところから完全には伸び切りません。

そうこうしているうちに、やはり時間がかかりすぎるので、努力を継続しなくなってしまいました。

白髪が多くなる年齢になって、前髪はほとんど分離して離れ小島化しています。
白髪の毛は、元気に育ち抜けないようです。白髪が増えてくれればと感じたりします。

でも、そんな逃げの考えではなく、前向きに育毛シャンプーや育毛剤をしっかり使えば、発毛する時代でもあります。

少しでも長く、髪の毛が保てるように、育毛の薬やマッサージなどで環境改善を図ることが定説だと感じました。
あきらめるのは簡単ですが、努力を継続することは、強い意志が必要です。